パイナップルは言うまでもなく、代表的なトロピカルフルーツです。パインアメという飴が大人気の他、大きなシェアを持つ栄養ドリンクも、薬臭さを排除するためにあえてパイン味を添加しています。
パインから得られる美容効果としてパインに含まれる酵素、ブロメリンの働きがあります。ブロメリンはパインに含まれる酵素で、お肉のようなタンパク質を分解し、胃腸の負担を軽くして、消化や吸収を高める効果があります。パインゼリーを作る時にゼラチンを使って作ろうとすると、パインゼリーは凝固せず、ゼリーとして食べることができなくなります。これが酵素プロメリンの働きなのです。ゼリーを作る時のゼラチンはタンパク質でできているので、ゼリーが固まらないのです。
また、パイナップルはビタミンCなどのビタミン類を豊富に含んでおります。そのため、体内の活性酸素を除去し、細胞を若々しく保つ働きがあります。缶詰のパインは熱処理されるので、その時に酵素が失われてしまいます。ぜひ、生のパイナップルを食べるようにしてください。
これにパントテン酸を含む食品を摂取するとより効果的です。パントテン酸は水溶性のビタミンで食品中に広く存在し、糖代謝や脂肪酸代謝において重要な反応に関わる物質です。乾燥酵母、卵、牛乳、レバー、糸引き納豆、きな粉、落花生、干し椎茸、さけ、いわしといった食品に多く含まれるので、食後の栄養補助食品として上手に組み合わせてください。