お部屋の中というのは、ダイエットしている中では、他人の目がないので、ついつい外の電車に乗ってるときや、会社の中で椅子に座ってるときに比べて、気が緩みがちになってしまいます。そんなお部屋での気の緩みを意識するためにまず、部屋で着る服を見直してみましょう。
部屋着はどうしてもジャージだったり、かわいいルームウェアなどに目がいきがちですが、それらは身体のラインを隠してしまうほどゆったりしたラインのものが多いです。それを特にウエスト周りが締まった服に変えることで、身体のラインが見えてきます。お部屋に等身大の鏡なんてあると、もっと意識がいきますね。
ウエスト締まった服なんて持ってないわ!なんて人は上下別れている服を使用しましょう。上の服をしたのズボンなどにインするだけでも、ウエストが見えやすいので、ウエストに意識がいきやすく、また、意識することで、腹筋に力が入り、意識的なドローイングがしやすく、ダイエットにも効果的です。
また、女性の場合ですと、筋肉が男性に比べて少ないので、冷え性になりやすいので、お腹をあたためる、という意味でもとてもよい服装です。また、寝るときに、下の服にインしていない時と比べ、布団や手足との引っかかりが少なくなるので、寝返りが正しくうて、深い睡眠ができるというメリットもあります。